知財・特許用語集

【は行】の知財・特許用語

倍額納付(ばいがくのうふ)

 特許権・実用新案権・意匠権の年金は何年分かまとめて納付してもいいし、毎年納付したりしても構いません。

 ところで、うっかりして、次に年金納付すべき期間を過ぎてしまった場合は、6ヶ月以内なら倍額を追納すれば権利は消失しません。このことを知財的に「倍額納付」といいますが、ここで「やれやれ助かった~」と安心してまた倍額納付を忘れてしまうと、今度こそ権利は消失してしまいますので、十分に気を付けて下さい!

 なお、商標の登録料は最初に10年分を一括納付しますが、ぼんやりして、次の更新登録をすべき期間を過ぎてしまった場合は、6ヶ月以内に更新登録&倍額納付すれば権利が更新されます。また、最初に5年分を一括納付し、後半の5年分を納付すべき期間を過ぎてしまった場合は、6ヶ月以内に倍額を追納すれば後半の権利は消失しません。

 それにしても「うっかり」「ぼんやり」がないように、年金管理はしっかり行うことが肝心です。

 ※追納期間が過ぎても正当な理由があればさらに1年以内に支払って権利を回復することができますが、このようなことがないようにしましょう…



関連する知財・特許用語
年金
2006/06/26
特許用語集 ~ 特許や商標をはじめ知的財産に関するギョーカイの用語を解説
名古屋の特許事務所 あいぎ特許事務所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13番24号 第一はせ川ビル6階  TEL:052-588-5225