知財・特許用語集

【さ行】の知財・特許用語

ソフトウェア発明(そふとうぇあはつめい)

 一般的に、ソフトウェア技術で実現されている発明のことを「ソフトウェア発明」と呼んでいます。


 特許法で保護される発明は「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なもの」であり、特許法はもともと「物」と「方法」を保護するための法律でした。ソフトウェアは数学、論理学に関連し「自然法則を利用したもの」と単純に言い難いため、保護対象としては想定外でした。しかし、ソフトウェアであっても自然法則を利用していれば「方法」発明として認めたのを始まりとして、ソフトウェアが装置の発明の一部を構成する場合は「装置」発明、ソフトウェアがCDやFDなどの記録媒体に記憶される場合は「媒体」発明として認められるようになりました。そして、2002年の特許法改正により、プログラムそのものが「物」として取り扱われるようになり、プログラム自体が発明として認められるようになりました。



関連する知財・特許用語
媒体発明アルゴリズム発明ビジネスモデル発明
2006/06/05
特許用語集 ~ 特許や商標をはじめ知的財産に関するギョーカイの用語を解説
名古屋の特許事務所 あいぎ特許事務所 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目13番24号 第一はせ川ビル6階  TEL:052-588-5225